画像
ニューリアルガラスコート

title
ニューリアルガラスコート未体験の撥水力、透きとおる輝き

 ニューリアルガラスコート未体験の撥水力、透きとおる輝き

まるでクリスタルガラスでボディを包み込んだかのような透きとおる輝きと、 思わず見入ってしまうほどの凄まじい撥水力を誇るガラス系ボディコーティングです

『ニューリアルガラスコート』は、長年の研究と独自の技術により、基本的には親水性であるガラス系被膜に高レベルの撥水性を持たせることに成功、ガラス系被膜コーティングでありながら強力な撥水性能を発揮します。

いままでにない撥水性能-ニューリアルガラスコート-

 いままでにない撥水性能-ニューリアルガラスコート-

ガラス系被膜に高レベルの撥水性能を付与させるこせることで、しっかり雨を弾くとともに、酸性雨や水アカからしっかりボディを守ります。

撥水効果が持続する優れた耐候性能-ニューリアルガラスコート-

 撥水効果が持続する優れた耐候性能-ニューリアルガラスコート-

温度変化に強く、高温になっても被膜は軟化せず硬いままなので、汚れが固着しにくく、水洗いだけで汚れが簡単に落ちます。

キセノンアーク灯 促進耐候性テスト(JIS-K2396)
JIS規定に基づくコーティングの持続性を試験。従来品は時間の経過とともに接触角が著しく低下するのに対し、ニューリアルガラスコートは接触角の低下が少なく、撥水効果の持続が確認された。

屋外暴露テスト(5ヶ月経過後)

 屋外暴露テスト(5ヶ月経過後)

従来型コーティングやフッ素コーティングは、撥水効果がほとんど見られないが、ニューリアルガラスコートは、強い撥水効果が確認された。

被膜が軟化しない、独自の被膜性能-ニューリアルガラスコート-

 被膜が軟化しない、独自の被膜性能-ニューリアルガラスコート-

温度変化に強く、高温になっても被膜は軟化せず硬いままなので、汚れが固着しにくく、水洗いだけで汚れが簡単に落ちます。

従来のコーティング剤 (樹脂系被膜)
高温時に汚れが被膜内に入り込む
油性の汚れが付着しやすく、静電気を帯びやすいため、汚れも寄せ付けてしまう。このため、ボディに付着した水滴などに埃などの汚れが含まれ、乾燥後、ボディに汚れが残留してしまう。

ニューリアルガラスコート (ガラス系被膜)

 ニューリアルガラスコート (ガラス系被膜)

油性の汚れは寄せ付けにくく、汚れも水洗い程度で落とすことができる。また、酸性雨などにより塗装面をいためず、長期間にわたり輝きを持続させ、メンテナンスを大幅に軽減できる。

高い耐擦りキズ性能-ニューリアルガラスコート-

 高い耐擦りキズ性能-ニューリアルガラスコート-

コーティング被膜の耐擦りキズ試験(洗浄試験機にJIS規定の豚毛ブラシをセットし、テストピース表面を50往復摩耗。
試験前後で20度光沢値を測定)です。『ニューリアルガラスコート』は高い耐スクラッチ性能を発揮しました。

リアルガラスコート艶プラス

 リアルガラスコート艶プラス

新開発の液剤により、「リアルガラスコート」の特長である撥水性と耐久性はそのままに、クルマの美しさを強烈にアピールし、見るものを魅了する“艶”にこだわり開発された上位製品。硬質なガラス系のコーティング層が、吸い込まれるほどの美しい艶を実現します。強固な被膜は耐久性が高く、ボディに悪影響を及ぼす紫外線や酸性雨、有害成分、チリやほこりなどによるキズなどから、長期間にわたりボディを保護します。

ガラスコーティングの他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!