画像
ハイパービュー

title

 『ハイパービュー』は従来のフッ素系ガラス撥水剤より定着性がよく、油や汚れをよせつけません。

フロントガラス表面をクリーンに保ち、クリアな視界を長期間キープします。

『ハイパービュー』雨・汚れをよせつけない雨ハジキ性能 WATER REPELLENCY

 『ハイパービュー』雨・汚れをよせつけない雨ハジキ性能 WATER REPELLENCY

フロントガラス表面の撥水性能テスト
従来のフッ素系ガラス撥水剤より定着性が高く、油や汚れをよせつけません。フロントガラス表面をクリーンに保ち、クリアな視界を長期間キープします

従来品との最大の違いは、「定着性」
従来品は反応速度が遅いため、定着成分すべてがガラスと結びつかず不安定な状態でガラス面に存在しますが、ハイパービューは反応速度が速く、より多くの定着性分がガラスに結びやすいため、撥水成分がより緻密に定着し、表面の撥水成分が均一に平滑化されるので、水が浸入しにくくなり、高い撥水性と耐久性が得られます。

『ハイパービュー』40万回のワイピングに耐える驚異の耐候性能 WEATHER RESISTANCE

 『ハイパービュー』40万回のワイピングに耐える驚異の耐候性能 WEATHER RESISTANCE

耐候性試験機による撥水持続性評価
従来耐久ガラス撥水剤は時間の経過とともに接触角が鈍角化していったが、従来品に比べ、ハイパービューは長時間のテストでも90度以上の接触角を維持した。

洗浄試験機による耐ワイパー試験(40万回)
洗浄試験機に、グラファイトワイパーを取り付け、150gの荷重をかけてテストピースに水がかかる状態で表面を所定回数往復。ハイパービューは40万回のワイピング後でも80度以上の接触角を維持、驚異の耐久力を実現した。

 『ハイパービュー』フロント撥水コートの施工前と施工後の動画

 『ハイパービュー』フロント撥水コート概要

40万回ワイピングテストをクリアしたハイパービュー。市販品とはレベルの違う撥水性、耐久性を実現する技術の秘密とは? 最先端の機材や実車を通して実施した数々のテスト。地道に繰り返した苦労とその裏側に流れる確かな製品への自信について製品開発担当者が熱く語り、シビアな反応でプロでなければ扱えない製品を繊細かつスピーディな施工技術について施工のプロがリアルに語る一言一言はハイパービューの高い性能をより深く感じていただけるはずです。
従来のフッ素系ガラス撥水剤とハイパービューの最大の違いは、「定着性の違い」です。
ガラス撥水剤は定着成分と撥水成分を持っています。従来品は反応速度が遅いため、定着成分すべてがガラスと結びつかず、より不安定な状態でガラス面に存在します。結果、撥水成分が均一にならず、隙間ができやすくなります。その隙間から水が浸入することで、水アカ・ウロコが発生しやすくなり、耐久性が低下します。 一方、ハイパービューは反応速度が速く、より多くの定着成分がガラス面に結びつきやすいので、撥水成分がより緻密に定着します。表面の撥水成分が均一に平滑化されることで水が浸入しにくくなり、高い撥水性と耐久性が得られます。

『ハイパービュー』フロント撥水コート施工金額

 『ハイパービュー』フロント撥水コート施工金額

ガラスコーティングの他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!