画像
ECHELON NANO-FIL

title
エシュロンECHELON NANO-FIL ナノ-フィル(コーティング エシュロン)

 エシュロンECHELON NANO-FIL ナノ-フィル(コーティング エシュロン)

エシュロン ECHELON NANO-FILの性能はそのままに施工性が容易になった「ECHELON NANO-FIL ADVANCE」

ガラスコーティング剤 車 エシュロン ECHELON NANO-FIL ADVANCEの性能

 ガラスコーティング剤 車 エシュロン ECHELON NANO-FIL ADVANCEの性能

NANO-FIL最大の特徴は、初期安定性による被膜へのダメージの軽減と圧倒的な膜厚感を持ちながら作業性の向上など総合的に大幅な性能向上を実現した事と、ガラスでありながら柔軟性を持つという新開発の3Dネットワーク被膜構造にあります。この開発の最大のポイントは、ガラス被膜や被膜硬度といったスペックにこだわるのではなく、コーティングの基本である、塗装を保護し美感を長期間維持するということを追求したことです。その結果としてこれまでにない新しい概念の被膜構造が誕生しました。従来のガラス被膜構造は、均一な立体架橋構造を持った単一的な被膜で、ガラス被膜としての硬度は十分に発揮できますが、柔軟性に欠けており、塗装面への追従性の限界やキズなどのダメージに対する回避能力に劣る部分がありました。それに対して新開発の3Dネットワーク被膜構造は、三次元網目構造のガラス被膜中に均一で直鎖構造を持った強固なつなぎ目が存在することによって、ガラス被膜としての硬度を保ちつつ、優れた柔軟性と塗装面への追従性を実現しました。

これまでの弱点を克服した耐候性

 これまでの弱点を克服した耐候性

3Dネットワーク被膜構造は強力なエネルギーを持ったシロキサン結合を主骨格に持ち、紫外線の影響を受けず、強固な耐候性を発揮します。これらの性能によって、 酸性雨や樹液、糞害、黄砂、花粉などの外的要因からのダメージを防ぐとともに、スクラッチシールド塗装のような特殊高弾性塗装をはじめ、耐スリ性塗装や水性、粉体塗装など様々な塗装面に対応します。

01圧倒的な膜厚感はそのままに作業性を大幅に向上

 01圧倒的な膜厚感はそのままに作業性を大幅に向上

旧タイプは、その性能を重視するあまり、施工性を犠牲にしている側面がありました。製品をご使用の皆様からも「そこをなんとかしてもらえれば・・・」という声を多くいただいていました。そこでNANO-FILは、高い評価をいただいていた性能面を落とさずに施工性を向上することを大きな目標の一つに掲げ、開発を進めてきました。その結果、原材料から見直したことにより簡単に拭取りが行えるようになりました。また、作業マニュアルの内容も見直しを行い、より効率の良い施工方法を確立しました。

02初期の被膜安定性を向上し、ダメージを大幅に軽減

 02初期の被膜安定性を向上し、ダメージを大幅に軽減

従来のガラス被膜コーティングは、空気と反応して被膜が硬化していくという性質上、施工直後の被膜性能が十分でなく、外的要因によるシミなどのダメージを受けやすいという弱点がありました。NANO-FILは、基本的な反応のメカニズムは従来と同様ながら、3Dネットワーク被膜構造という新しい架橋構造によってその弱点を克服しました。特殊なプロセスで精製した高純度シリコーンを採用し、そこに被膜構造を確立する為の添加剤を用いて完全反応する、不純物の一切残らないハイブリッド被膜を形成することで被膜の優れた初期安定性を実現し、シミなどのダメージを最小限に抑えます。

03施工工程の短縮によるコストパフォーマンス向上
旧タイプは、本来1液で施工できる製品でありながら、初期の被膜安定性を補足する目的で、トップコート剤などの犠牲被膜的な上塗り剤を使用する施工方法が圧倒的に多かったのが実情です。NANO-FILは、被膜の初期安定性が格段に向上したことによって、本液のみの1工程で施工が完結できます。また、施工性の向上によって施工時間も従来より短縮されることから、1台当たりのトータルコストがより削減されます。これにより、より多くのプロフェッショナルがユーザーへ自信を持って製品をアプローチすることが可能になりました。

04トータルで向上した被膜の基本性能

 04トータルで向上した被膜の基本性能

総合的な基本性能で旧タイプと比較し、多くのメリットがあるNANO-FILですが、実際にどの点が異なるのかをわかりやすく比較してみました。

弊社、WEST WAVE INC. NSコーポレーションで施工したNANO-FIL完成写真です。

 弊社、WEST WAVE INC. NSコーポレーションで施工したNANO-FIL完成写真です。

ガラスコーティングの他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!